気ままな親父のベンチャーズ・バンド ベンチャーズの懐かしい名曲  『悲しき闘牛』 < body>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーズの懐かしい名曲  『悲しき闘牛』

悲しき闘牛(The Lonely Bull)

1300285075[1]_convert_20120628095913
オリジナルヒッツはハーブ・アルパート,ティファナ・ブラスが1962年に
全米チャート6位を記録した、アルパートがジェリー・モスと設立した
A&Mレコードの第1弾ヒットでもあった、また彼らもまたこの曲に
よって世界中に認められた。 ラテンな曲にアメリカのジャズ、ロック風に
アレンジを加え,アメリアッチ・サウンドと呼ばれて人気を呼んだ。

ハーブ・アルパート(Herb Alpert) (1935年3月31日 )
アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身のポップ・ジャズで活躍していた
トランペッターでコンポーザーであり、ザ・ティファナ・ブラス(The Tijuana Brass)
のリーダーでもある。

<ハーブ・アルパート/悲しき闘牛(ロンリー・ブル) >
 




<ベンチャーズ>の悲しき闘牛(ロンリー・ブル)
ベンチャーズはアルバム「プレイテルスター&ロンリー・ブル」(63年)で
トランペット・セクションやマンドリンを交えて演奏している

b0033699_23471[1]_convert_20120628094617
「LIB-37」(1963年3月)
A面:テルスター 
B面:悲しき闘牛


raw[1]_convert_20120628095114
テルスター/ロンリー・ブル 
LLP-81035,(1974年9月)
SIDE I
1.TELSTAR
2.THE LONELY BULL (悲しき闘牛)
3.MEXICO
4.CULCUTTA
5.APACHE
6.NEVER ON SUNDAY (日曜はダメよ)
SIDE II
1.TEQUILA
2.GREEN ONIONS
3.PERCOLATOR
4.RED RIVER ROCK
5.LET THERE BE DRUMS (ドラムを叩け)
6.LAST NIGHT

<ベンチャーズ/悲しき闘牛(ロンリー・ブル)>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bass9410

Author:bass9410
中学生のころベンチャーズ・サウンドに衝撃をうけ
ベンチャーズバンドを結成しました
あれから40年・気心のあう仲間と再結成!
多くの方との出会いバンド活動を楽しんでいます
またベンチャーズを次世代に伝えていきたいと思います

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。