気ままな親父のベンチャーズ・バンド ベンチャーズが演奏するラテンの名曲 「ベサメムーチョ」 < body>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーズが演奏するラテンの名曲 「ベサメムーチョ」

ベサメムーチョ(Besame Mucho) 
ラテンの名曲で女流作曲家のコンスエロ・ベラスケス
(メキシコ出身1924年8月29日生 - 2005年1月22日没)
が作曲し、'44年にジミー・ドージー楽団のレコードでポピュラーになりました。
日本ではトリオ・ロス・パンチョスが知られている。

A5D9A5B5A5E1A5CCA1BCA5C1A5E7[1]_convert_20120602101012

トリオ・ロス・パンチョス(Trio Los Panchos)/Besame Mucho
オリジナルの歌詞とその意味
♪Besame, besame mucho,
 Como si fuera esta noche la ultima vez.
 Besame, besame mucho,
 Que tengo miedo perderte, perderte despues.
 (私にキスをして、たくさんキスをして
 今夜が最後かもしれないから
 私にキスをして、たくさんキスをして
 あなたを失うのが怖い、この後あなたを失うのが怖い)

 ザ・ビートルズ⇒You Tube ベサメムーチョ
 アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli ) ⇒ You Tube ベサメムーチョ



ベンチャーズ/ベサメ・ムーチョ・ツイスト(Besame Mucho Twist)
41714[1]_convert_20120602100805
『ベンチャーズツイスト・パーティー』(1962年発売)
A面
1.スワニー河ツイスト 2.ベサメ・ムーチョ・ツイスト 3.ツイステッド 
4.マイ・ボニーライズ 5.トゥオンプ 6.ブルー・テイル・フライ
B面
1.ギター・ツイスト 2.黒い瞳ツイスト 3.カウンターポイント 
4.キッキング・アラウンド 5.ブルーバード 6.レッド・ウイング・ツイスト

b0033699_0473819[1]_convert_20120602131457
LP-4111」(1966年1月発売)
A面1.ベサメ・ムーチョ・ツイスト 2.ザ・ツイスト
B面 3.黒い瞳のツイスト 4.スクラッチン

ベンチャーズは1959年結成で、本作は4人組みになっての初期オリジナルメンバーで、
ドン・ウィルソン、ボブ・ボーグル、ノーキー・エドワーズ、ホーウィー・ジョンソン、
ベンチャーズ初期のサウンドでドラムはまだメルテーラーが参加してなくてやや迫力に欠ける。
この後にリードギターがノーキー、ベースがボブ、ドラムがメルテーラーに変わり
ベンチャーズ黄金期を迎える

 ザ・ベンチャーズ(The Ventures)/ベサメ・ムーチョ・ツイスト(Besame MouchoTWIST)
 
 ベンチャーズはこの名曲を
 ツイストロックにアレンジし軽快な曲に仕上げています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bass9410

Author:bass9410
中学生のころベンチャーズ・サウンドに衝撃をうけ
ベンチャーズバンドを結成しました
あれから40年・気心のあう仲間と再結成!
多くの方との出会いバンド活動を楽しんでいます
またベンチャーズを次世代に伝えていきたいと思います

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。